アフィリエイターこそアルバイトをするべし|専業が短期バイトをして感じたこと

アフィリエイト歴4年、専業歴3年のアフィリエイター。

私は専業になってからはアフィリエイトと小規模な通販事業で生計を立てていましたが、今年の6月〜9月の3ヶ月の間だけ短期アルバイトをしていました。

その理由は「生活にメリハリがなくなった」のと、「アフィリエイト疲れ」を感じたため。

アルバイト先は倉庫作業なので多くの人と関わることはありませんが、たった3ヶ月のあいだ十数名のスタッフさんと共に働き、得られたものはたくさんありました。

この記事は今回のアルバイトで得られたことや思ったことなどを、私自身のための備忘録として書いていますが、同じ境遇の方にも読んでほしいと思います。

アルバイトを始めた理由はアフィリエイターあるある

生活にメリハリがなくなった

専業アフィリエイターである私は、時間や場所に縛られることもなく家で仕事をしていて、周りの人からは羨ましがられることもありました。

就職して働いている友達から見ると、私は朝からカフェでノートPCを開いて仕事をしている人、家でひたすらPCと向かい合ってる人のように思われています。

しかし、実際にはお昼前に起床して仕事したりゲームしたり、ダラダラと深夜までキーボードをポチポチしていたりと、起床する時間も就寝する時間も毎日バラバラ。

いつしか仕事とプライベートの境目がなくなり、ついには「休日」という概念もなくなりました。

毎日が仕事であり、休みである。

こんな状況で仕事をしていても作業効率は最悪で、1日の終わりに鏡に向かって「おまえ今日なにした?」と問いかけても、返事は返ってきません。

遊びに行っても仕事のことが頭から離れず、少しでも隙があればスマホでチェックばかり。

こんな生活を整え直すには外で仕事をするのが一番だと思い、アルバイトを始めました。

アフィリエイトという仕事に疲れを感じた

アフィリエイトやブログ運営をしている方ならわかると思いますが、この仕事は常に何かに追われている感覚で、今やっていることが正しいかもわかりません。

順位、売上、PVなどの数字は短期間で大きく上下し、順調に上がったと思えばアップデートで叩き落とされ、精神的にとても疲れます。

今やっている仕事が正しいのか、本当にこれで稼げるようになるのか、わからなくなってしまうことがありました。

アフィリエイトで稼ぎたいという思いは変わりませんが、頭がパンクしたというか、精神的に限界だったというか、そんな感じです。

アルバイトをして得られたもの、感じたこと

どんな仕事でも人との関わりが重要

今までの人生でやってきた仕事は接客業ばかりで、専業アフィリエイターになってからは「人と関わらない仕事最高!」なんて思っていたこともあります。

しかし、人と関わることなく無言でPC作業ばかりやっていると、感情が薄れていく感覚や、久々に声出したなと思うこともしばしば。

とくに私の場合はリアル友達やアフィリエイト仲間も少なく、家を出るのは買い物のときくらいです。

こんな状況の中で始めたアルバイトでは、人と一緒に仕事をする楽しさ人と関わることで広がる可能性を再認識。

たった3ヶ月という短い期間だったにも関わらず、仕事に関わるお話をいただけたり、最後は盛大にお疲れさん会まで開いていただきました。

一緒に仕事をする仲間がいる大切さや人の優しさなど、忘れかけていた感情を取り戻すことができたと思います。

メリハリのある生活を取り戻せた

アルバイト期間中は9時から18時の週5日勤務で働き、週2日間の休日の内、1日はアフィリエイト作業もやらない「完全オフ日」として休みを作ることに。

アルバイトが休みの日も朝は7時半に起き、9時から仕事をして、12時から13時までは昼食休憩を取り、夜は19時までという決まりでアフィリエイト作業をしていました。

もちろん毎日これ通りの時間で動けるわけではありませんが、「決まった時間に決まったことをする」というのを意識して生活を整えることに成功。

アルバイト前はこんな単純なことができなくなっていたんですよね…。

アフィリエイトへの思いがより強くなった

アルバイトをしたことで、やっぱり自分は「自分で稼ぐ仕事」が合っているなと思いました。

今回は短期のアルバイトだったからこそ楽しくできましたが、このまま就職して毎日会社で働く生活を想像すると、私は耐えられないと思います。

アフィリエイトを始めたばかりの頃の、“あの思い”を思い出すことができました。

今はアフィリエイトがメインの収入源となっていますが、これからはいつかやりたいと思っていた事業にもどんどん挑戦していきます。

専業アフィリエイターが仕事と生活にメリハリをつけるには

仕事とプライベートの時間を決める

自宅で好きな時間に仕事ができるというのは大きなメリットですが、少し間違えると大きなデメリットにもなります。

デメリットの部分をなくすには、仕事の時間を決めることが大切。

一番簡単な方法は、会社勤めと同じように始業時間と終業時間、休憩時間を決めてしまうこと。

とくにアフィリエイターの場合は仕事をしない「休日を作る」ことも重要。

なんとなく時間を使って仕事をするのではなく、決まった時間で仕事をして、休みの日はしっかり休むだけで、専業アフィリエイターでもメリハリのある生活が維持できます。

また、仕事の時間管理や集中力維持としては、以前紹介した「集中力と作業効率を向上させるポモドーロテクニック」がおすすめなので試してみてください。

【ポモドーロテクニック】集中力と作業効率を向上させる方法

仕事をする場所(環境)を変える

自宅で仕事をしていると、様々な誘惑と戦わなければなりません。

仕事専用の部屋があれば話は別ですが、私の場合は仕事部屋があるわけではないので、主に寝室やリビングで仕事をしています。

仕事中にお腹が空けばお菓子をつまみ、眠くなったら布団にダイブし、集中力が切れたらゲームをしたりテレビを見たり、家なのでなんでもできるのです。

しかし、これをやっていると仕事とプライベートの境目がなくなり、仕事しながらゲームしながらご飯食べながら仕事してという状況になってしまいます。

対策としては、カフェでもコワーキングでもファミレスでも図書館でも、とにかく家以外の場所で集中できるところを見つけること。

私の場合は家の近くににある市が運営する複合施設の中に、ちょっとした激安コワーキングスペースがあるので、平日のみそちらで仕事をしています。

まとめ

今回の私の事例はアフィリエターに限らず、今流行りのノマドワーカーや自宅で仕事をしている方なら、誰にでも起こりうることだと思います。

一人で仕事をしているのが普通だと思っていましたが、アルバイトをして人と関わり、人と一緒に仕事をする大切さを知りました。

これはアルバイトだけではなく、アフィリエイトも同じです。

今後はアフィリエイトでも人と一緒に仕事をすることを意識して、ガンガン突き進んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。