紙箱なしソフトパックティッシュが革命的!箱ありと比較したメリット・デメリット

家で使うティッシュと言えば、箱に入ったボックスティッシュが一般的ですよね。

多分、生まれたときから家で使っていて、今現在も何も疑問に思わず使っている人が多いかと思います。

でも、箱ティッシュって面倒だなって思ったんですよね。

中身が無くなったら箱を畳んで、新しい箱の取り出し口を開けてって作業、すごい無駄だなって。

そして、ソフトパックティッシュという存在を知り、すぐにボックスティッシュからソフトパックティッシュへ切り替えました。

ボックスティッシュからソフトパックティッシュに替えてみて感じたメリットや使用感をまとめてみました。

ソフトパックティッシュの特徴

手に持ったソフトパックティッシュ

ソフトパックティッシュって何?」という方のために、ポケットティッシュの大きいバージョンといえばイメージしやすいかと思います。

ソフトパックティッシュはいくつかの特徴があります。

ソフトパックティッシュの特徴
  1. ゴミがかさばらない
  2. サイズがコンパクト
  3. 安い

ビニール素材のパックに入っているので、ティッシュがなくなった後のゴミがかさばりません。

ティッシュがなくなったらグシャっと丸めてゴミ箱にポイっとするだけ。

また、新しく開けるときはポケットティッシュと同じように、点線に沿ってビリっと開けるだけなので、開けるときのゴミも出ません。

ソフトパックティッシュの開け方



値段に関しては箱ティッシュと比べて数十円くらい安い感じなので、お近くの薬局で値段を比べてみるといいですよ!

サイズに関しては次の項目で比較していきます。

ソフトパックと箱ティッシュを比較

ソフトパックティッシュとボックスティッシュのサイズ比較です。

写真を見てわかる通り、ボックスティッシュと比べるとかなりコンパクトです。

箱を振ってみるとわかりますが、ボックスティッシュは箱の中に空洞がありサイズが大きくなっています。

ソフトパックティッシュはティッシュのサイズに合わせてパッケージングされているので、とてもコンパクトにまとまっています。

サイズが小さいことにより大きなメリットもあり、丸ごと鞄に入れて持ち運ぶときもかさばりません。

花粉症あるあるですが、花粉の季節はボックスティッシュを丸ごと持ち運ぶこともあります。

こんなときにソフトパックティッシュだと鞄のん中もスッキリしておすすめです。

また、今回私が購入したソフトパックティッシュは、ティッシュペーパーそのもののサイズが、ボックスティッシュよりもひとまわり小さくなっています。

ティッシュペーパーのサイズ比較

写真では少しわかりにくいですね…。

サイズが小さいと言っても1〜2cmくらいの差なので、使っていて特に気になることはありません。

ソフトパックティッシュのデメリット

ここまでソフトパックティッシュの特徴やメリットなどをご紹介してきましたが、デメリットも合わせてご紹介しておきます。

ソフトパックティッシュのデメリットとしては下記のような点が上げられます。

  • 少なくなると形を保てなくなる
  • 見た目が安っぽくなる

形が保てなかったり見た目の安っぽさなど、箱がないが故のデメリットになります。

しかし、ソフトパックティッシュもボックスティッシュと同じように、ケースに入れることができるので、見た目が気になる人はケースに入れて使うことをおすすめします。

ケースに入れることで形を保つこともできます。

まとめ

ボックスティッシュからソフトパックティッシュに替えるメリットをまとめておきます。

  1. ゴミの処理が楽
  2. 価格が安い
  3. コンパクトだから持ち運びにもおすすめ

ソフトパックティッシュは値段が安くてお得なメリットがたくさんあります。

ティッシュが無くなったから新しいの出さなきゃ…。

あの煩わしい“見えない家事”から解放されましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。