通常版ZOZOHEATとCOTTONEの比較レビュー|着心地・サイズ感・暖かさは?

クラゲ社長

こんにちは!クラゲ社長です(@kuragesyacho)(:]ミ←クラゲ

ヒートテックといえばユニクロが有名ですが、ZOZOTOWNから新たにZOZOHEATなるものが発売されて話題となっています。

ぼくもユニクロのヒートテックを愛用していますが新たにZOZOHEAT2種類を買ってみたので、通常のZOZOHEATとコットン素材のZOZOHEAT、ユニクロのヒートテックを比べてみました。

通常のZOZOHEATとZOZOHEAT COTTONの違い

まずは通常のZOZOHEATとコットン素材を使用したZOZOHEAT  COTTONの違いを比較してみます。

暖かさはほぼ同じ

一番気になる暖かさについては、通常のZOZOHEATとZOZOHEAT COTTONの暖かさはほぼ同じで違いは感じられない。

ZOZOHEAT COTTONの方が暖かいと思っていたがそんなことは無かったみたいだ。

2種類のZOZOHEATは着心地や生地の厚さに主な違いがあるので詳しく見ていこう。

着心地・フィット感は別物

2種類のZOZOHEATの一番の違い着心地だろう。

通常のZOZOHEATはいわゆるヒートテックらしい薄くてよく伸びる素材で、乾燥肌のぼくは着ていて少しチクチクする感じがあった。

ZOZOHEAT COTTONはどちらかというと普通のTシャツっぽい感じで、何も言われなければTシャツだと思って普通に着てしまうだろう。

ZOZOHEAT COTTONは乾燥肌のぼくでもチクチクする感じはなく着心地は最高だ。

2種類のZOZOHEATのフィット感は色々な人が言っている通り、胴回りに少しゆとりがあって腕回りがキツめにできている。

ZOZOHEAT COTTONの方が生地の特性上伸びにくいので、腕回りが特にキツく感じるかもしれない。

ちなみにZOZOHEATは袖が少し短くなっているから、上に着た服からZOZOHEATが出てしまうこともない。

生地の厚さ・触り心地に大きな違い

通常のZOZOHEATとZOZOHEAT COTTONは生地の違いから、厚さや触り心地に大きな違いがある。

生地の厚さは写真で見てわかるとおり、ZOZOHEATは指が透けているがZOZOHEAT COTTONは厚みがあるから透けることもない。

ZOZOHEAT COTTONならTシャツとして着れる感じなので、その上にジャケットを羽織るだけでもよさそうだ。

ちなみにZOZOHEATにはタグが付いていないので、着ていてタグがチクチクすることもないし、襟に印字されている文字も柔らかく着ていて全く邪魔にならない。

ZOZOHEATのイマイチなところ

実際にZOZOHEATを着てみて感じたイマイチなポイントは袖部分です。

ZOZOHEATは袖部分がかなり伸びにくく、特に写真の縫い目部分は糸が張ってしまって腕まくりをすると糸が切れそうになるくらいだ。

ぼくはあまり筋肉がないからまだいいが、筋肉が付いている人は腕まくりできないだろう。

他の部分が完璧なだけに、袖の作りは非常にもったいない。

ZOZOHEATとユニクロヒートテックを比べてみて

ZOZOHEATとユニクロヒートテックを比べて一番の違いは襟の作りだ。

ZOZOHEATを買った一番の理由で、襟が広くなっていて上に着た服から見えることがないのだ。

ユニクロヒートテックは普通のTシャツと同じ襟の大きさになっているが、ZOZOHEATは広くなっているのがわかる。

襟が見えてしまうのが嫌で今までレディースのヒートテックを着ていたが、これからはしっかりとメンズを着れそうだ。

 

ZOZOHEATとユニクロのヒートテックを比べても、暖かさの面で差を感じることなかった。

但し、ユニクロには極暖や超極暖といった更に暖かいヒートテックもあるが、ZOZOHEATは通常のユニクロヒートテックと同じくらいの暖かさだ。

それ以上の暖かさを求めるならユニクロの極暖か超極暖のヒートテックをおすすめする。

 

ZOZOHEATのフィット感については、ユニクロヒートテックとは少し違いを感じられた。

ユニクロのヒートテックは胴回りや腕回りに均一なフィット感があるのに比べて、ZOZOHEATは胴回りに若干のゆとりがあり、腕周りが少しキツめになっている感じだ。

もちろんZOZOHEATはサイズを細かく指定することができるので注文するサイズにもよるかもしれないが、このような意見はネットでも多数みられる。

まとめ

ZOZOHEATとZOZOHEAT COTTONとユニクロヒートテックを簡単にまとめてみた。

ZOZOHEAT

  • ユニクロのヒートテックと同じくらいの暖かさ
  • 透け感があり伸びは良い
  • 袖は少し短めで襟が広い
  • 乾燥肌だと少しチクチク感がある
  • 腕はきつめだが腕まくりはできる

ZOZOHEAT COTTON

  • ユニクロのヒートテックと同じくらいの暖かさ
  • 見た目は普通のTシャツで生地は透けない
  • 通常のZOZOHEATより伸びが悪い
  • 袖は少し短めで襟が広い
  • 乾燥肌でもチクチクしない
  • 腕がきつく腕まくりができない
ユニクロヒートテック
  • 極暖・超極暖系ならユニクロ
  • メンズは襟が見えてしまう
  • フィット感はユニクロが安定している
  • 乾燥肌だとチクチク感がある
  • 種類が豊富

ZOZOHEATもユニクロヒートテックも一長一短あるのでどれが良いとは言えないが、ぼくは襟の形だけでZOZOHEATを選ぶ。

通常のZOZOHEATとZOZOHEAT COTTONについては、乾燥肌の人はZOZOHEAT COTTONの方がおすすめだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。