犬用ブラシでボサボサのぬいぐるみがふわふわになる!触り心地を元に戻す方法!

こんにちは!クラゲ社長です(@kuragesyacho)(:]ミ←クラゲ

ぼくの家では可愛がっているぬいぐるみがあるのですが、年月が経つにつれてふわふわだった毛並がボサボサになってしまい触り心地も悪くなっていました。

そんなときにSNSでたまたま見つけた1つの投稿が、犬用のブラシでブラッシングするとふわふわに戻るというものでした。

はじめは半信半疑でしたが、実際にブラッシングしてみると驚きの結果に。まずはビフォーアフターを見ていただきたい。

ぬいぐるみのビフォーアフター

ビフォー

アフター

ごわっごわだった毛並がふわっふわな毛並に大変身。

「ブラッシングしたから毛並が整っただけじゃん?」と思うかもしれませんが、こちらもご覧ください。

ブラッシングする前はワックスをつけたかのように毛束ができて毛がねてしまっているが、ブラッシング後は毛束が解けて毛が立っているのがわかる。触り心地も明らかにふわふわだ。

半分だけブラッシングした状態だが、どちらがブラッシング後なのかは明白だ。

新品の触り心地とまではいかないが、新品に近い状態になっていることは確実だ。

使うアイテムは犬用の抜け毛取りブラシ

ぬいぐるみをふわふわに戻すのに使ったのは、この犬用抜け毛取りブラシだけだ。

これはダイソーで買ったものだが、Amazonでも購入できる。

犬用の抜け毛取りブラシはブラシの毛一本一本が細いので、犬をブラッシングした後の気持ち良さと同じようにぬいぐるみの毛もふわっふわになるのだ。

クラゲ社長

ぬいぐるみだけじゃなく、フリース素材の服やブランケットなどもふわふわになるよ!

詳しいやり方

やり方はとても簡単で、毛並に剃って優しくブラッシングするだけ。

最初は引っかかる感じがあるかもしれないが、絡まった毛を優しく解く感じでブラッシングしてあげよう。

このとき強く押し助けたり無理に引っ張ったりすると、ぬいぐるみが傷んでしまうこともあるから注意しよう。

また、ぼくのぬいぐるみのように目や鼻などの刺繍部分はブラッシングしない方がいい。

まとめ

とても簡単にぬいぐるみの触り心地を復活させることができるからおすすめだ。

子供のときの思い出のぬいぐるみ、子供の大事なぬいぐるみ、大切なぬいぐるみを復活させてあげよう。

ちなみに、ぼくのこのぬいぐるみは知っている人も多いと思うが「クラフトホリック」というところの抱き枕サイズのクッションなのだ。色々な種類があって特徴的なデザインをしている。

クラゲ社長

ごわごわのぬいぐるみを元に戻したいという方はぜひ試してみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。