初めての引越しで失敗したポイントと部屋選びの失敗談!

こんにちは!クラゲ社長です(:]ミ(:]彡(:]ミ(:] 彡

ぼくは2017年3月くらいに実家を離れて、今は彼女と同棲をしています。

ぼくにとって始めての引越しだったので、部屋選びで色々な失敗をしてしまいました。

次の引越しで失敗ためにも、初めて引越しをする人のためにも、アフィリエイター兼ブロガーのぼくが引越しで失敗ポイントをまとめてご紹介します。

クラゲ社長

引越しって面倒だけどワクワクするよね!

部屋選びで失敗したポイント

部屋選びの段階で回避できたはずの失敗ポイントを紹介します。

次の部屋選びではこのような部屋を借りることはありません!

ベランダの日当たりを確認しなかった

完全に初歩的なミス!

ぼくは1階に住んでいますが、ベランダのすぐ前が少し高台になっていてその上に一軒家が並んで建っています。

もう想像はつくと思いますが、日当たりがめちゃくちゃ悪いです…。

直接ベランダに日が当たるのが午前11時くらいまでで、午後は全く日が入ってきません。

日が当たらないので夏は涼しいですが、冬はめちゃくちゃ寒いです。

家の前に川(用水路)がある

玄関のすぐ前にちょっとした川(用水路?)があり、これは分かった上で部屋を契約したのですが、やはり虫が多いです。

特にコバエや蚊のような虫が多く、夏は家の外でGさんがかなり出現します。

まだ家の中でGさんを見かけたことはありませんが、家周りに屋外用のブラックキャップを設置しており、動かなくなったGさんを10匹ほど同時に見かけることもあります。

ブラックキャップの威力、本当にやばいです。

また、Gさんが多いのでそれを餌にしているアシダカグモ(あのデカイ蜘蛛)も見かけることがありますね…。

2部屋だけ内見して即決した

部屋を決める際にいくつかの部屋を内見して選びますが、2部屋だけ内見して即決めてしまいました。

しかし、今思えばこれが失敗!

2部屋しか内見しなかったのであまり比較もできなかったし、もっと内見してれば契約前に悪いポイントも見極められたかもしれません。

1部屋が新築物件、もう1部屋が築7年の物件だったので、そりゃ新築物件がいいに決まってますよね(笑)

1階部屋にしたこと

これは最後まで悩んだポイントで、ぼくは元々実家でも1階に住んでいたので1階でもいいかなと思っていたのですが、結果的には失敗したと思っています。

理由としては虫が多いこと、日当たりが悪いこと、ベランダが汚れることです。

虫と日当たりについては上でも説明しましたが、ベランダが汚れるのは想定外でした。

うちのベランダの前はちょうど風の通り道になっていて、強い風がよく吹いています。

そのせいで枯葉などのゴミがベランダ内にめちゃくちゃ溜まってしまい、掃除をしてもすぐに汚れてしまいます。

汚れがひどいので布団を干すのも一苦労です。

インターネット回線を見ていなかった

実は、ぼくが一番失敗したなと思うポイントがこれです。

ぼくはWeb関係の仕事をしているのにも関わらず、物件を決める際にインターネット回線の種類を一切見てなかったのです。

今は元々彼女が契約していたJCOMを契約していますが、夜間や休日の速度が極端に遅くなるので、速度の速いNURO光の回線に変えようとしました。

しかし、この家にはJCOMとフレッツ光の回線しか引いておらず、それ以外の回線工事はNGと大家さんに言われてしまいました。

光回線も様々な選択肢がある今の時代、契約できる回線の種類は重要なポイントです。

実際に住んでわかった我慢ポイント

次に部屋選びの段階ではわからなかったけど、実際に住んでみてわかった我慢ポイントをまとめました。

便器が小さい

地味に大きな我慢ポイントと感じているのが、便器の大きさです(笑)

実際に使うまで気がつきませんでしたが、便器が微妙に小さくて大人が使うには少し窮屈に感じます。

トイレのスペース的には全然問題ないのですが、便器だけが少し小さいんですよね(笑)

なんていうかうちは内装にお金をかけていない感じの家で、便器・扉・洗面所・キッチンの蛇口とかところどころ使いにくいんですよね。

建物のきしみ音がすごい

これ最初かなりビビりました。

軽量鉄骨のアパートなんですが、温度差によりきしみ音がすごいく、特に夏場の日中は常にバキバキ鳴っています。

家全体できしみ音がするのでそのうち崩れるんじゃないかと思ってしまいます。

周辺の住民に騒がしい人が多い

これはあるあるトラブルですよね。

実際に引越してみたら近隣が騒がしいという典型的なパターンです。

時間に関係なく夜中に叫び声が聞こえてくることが結構あります。

騒がしい家庭が近隣に2件ほどあるので、騒がしいときはかなり騒がしいです。

温度による膨張でゆがみや隙間ができる

「これ欠陥なんじゃないのか?」というくらいの歪みが出ています。

うちの物件は冬場に建てられたのですが、夏になると様々な箇所でゆがみが生じています。

  • シューズクローゼットの扉が閉まらなくなる
  • 玄関の床が浮き上がる
  • トイレの巾木がめくれ上がる
  • リビングのフローリングに3mmくらいの隙間ができる
  • リビングの床が若干波打つ
  • 壁の角がズレて壁紙が浮き上がってくる

このような症状が主に夏に起こってしまうのです。

これもう欠陥レベルの症状ですよね?

あまりにひどくなる場合は管理会社に相談してみる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。